ブシュロン

【芸能人やインフルエンサーも愛用】他と差をつけたい!ブシュロンの人気シリーズ「キャトル」の指輪を紹介

【芸能人やインフルエンサーも愛用】他と差をつけたい!ブシュロンの人気シリーズ「キャトル」の指輪を紹介

キャトルリングを指につけている様子

キャトルの指輪は、歴史あるフランス・パリの宝石店「ブシュロン」のなかでも人気のあるシリーズです。

ファッション指輪以外にも結婚指輪としての人気も高いキャトル。

日本では、おしゃれに敏感な芸能人やインフルエンサーが愛用して人気に火がつきました。

そんなキャトルの指輪の人気のひみつは、デザインやカラーが豊富で、可愛いのに人と被りにくいデザインにあります。

この記事では、キャトルの「指輪が4つに重なったデザイン」と「豊富な5つのシリーズ」について詳しく紹介します。

ブシュロンのキャトルは4つの指輪が重なった
「他と差をつける美しいデザイン」が特徴

キャトルブラックを指につけている様子

キャトルは、デザインがちがう4つの指輪が重なっているめずらしい特徴をもった指輪です。

ひとつ、ひとつの指輪が職人技術により美しくカッティングされ、それぞれに名称があります。

名称は下記のとおりです。


  • グログラン
    横方向にうねりのある平織りが特徴のグログランリボンをモチーフに、柔らかいリボンで指を包み込むようなデザインが特徴。
    ブシュロン創業者である「フレデリック・ブシュロン」の実家は、織物業を経営していました。
    愛する家族へのオマージュが込められたブシュロンを代表するデザインです。
  • ダイヤモンド
    ブシュロンのダイヤモンドは、輝きをより引き立たせる「ミラーセッティング技術」が施されています。
    ミラーセッティングはキャトル独自の技術。
  • クル ド パリ
    パリの石畳をモチーフにしたデザイン。
    立体的に描かれた特徴のあるデザインは、おしゃれなジュエリー愛好家からも人気を得ています。
  • ゴドロン
    丸みを帯びたフォルム。
    平行に入れられたラインは、正確で繊細なブシュロンの技術を証明しています。

ブシュロン独自の繊細で高い技術によって、それぞれに輝く4つのデザインの指輪が重なったときにより美しさを引き立たせます。

そんなキャトルのデザインは、「他と差をつけたい」とおしゃれな方からの支持が高く、愛用されてきました。

ブシュロンのキャトル指輪・
他と被りにくい「豊富な5つのシリーズ」

キャトルリングを指につけている様子

キャトルの指輪は5つのシリーズに分かれていて、自分の好みに合ったデザインを選べます。

各シリーズで大きく異なる点は、「クル ド パリ」部分の色にちがいがあること。

キャトルの特徴でもある4つの指輪が重なったデザインに、ポイントとなる「クル ド パリ」の色味が分かれていることによって、それぞれ印象が変わります。

また各シリーズごとに、主流の4連ではなく、2つの指輪が重なったハーフタイプやダイヤモンドの代わりにホワイトゴールドが使用されているシンプルなタイプも用意されています。

下記で5つのシリーズを説明していますので、ご確認ください。

キャトル クラシック:キャトルシリーズのなかで最も定番な指輪

キャトル クラシックの画像

キャトル指輪のなかで、最も定番な「キャトル クラシック」

ゴールドのグログラン、ダイヤモンド、チョコレート色のクル ド パリ、ピンクゴールドのゴドロンが4つ重なったデザインです。

場所を選ばない「キャトル クラシック」のデザインは、さまざまなファッションと合わせやすく定番と呼ばれる1本です。

キャトル ホワイト:上品なデザインが女性に人気の指輪

キャトルホワイトリングの画像

クル ド パリの部分にキレイに輝くホワイトセラミックが使用されています。

上品なホワイトセラミックがダイヤモンドの輝きをより引き立たせて見せるのも特徴。

キャトル ホワイトは、「シンプルなデザインが好きだけど、他とはちがった主張をしたい!」そんな方におすすめのデザインです。

キャトル ラディアント:ブシュロン120周年の記念指輪

キャトルラディアントリングの画像
...


【ルビー・サファイア・エメラルド】ブシュロンの人気ジュエリー・カラーストーンについて解説!

【ルビー・サファイア・エメラルド】ブシュロンの人気ジュエリー・カラーストーンについて解説!

カラーストーンの画像

つけているだけで気分が高揚するような、魅力的なジュエリーを取り扱うブシュロン。
ダイヤモンドやゴールドへのこだわりが非常に強いのが特徴です。

ダイヤモンドやゴールド以外に、カラーストーンにもこだわっています。
ブシュロンで取り扱っているカラーストーンは、「RJC」(責任ある宝飾品業のための協議会)の厳しい基準を突破したもの。
希少性・美しさの両方を兼ね備えているため、カラーストーンを使ったジュエリーも高い人気を誇っています。

この記事では、そんなカラーストーンの中でも人気なルビー・サファイア・エメラルドについて解説します。

ブシュロンの人気ジュエリー① 
実はダイヤモンドよりも希少なカラーストーン・ルビー

カラーストーンルビーの画像

まずはルビーについて、解説します。
実は、ルビーとサファイアは色以外は同じです。
ルビーもサファイアも、同じコランダムという鉱物に属するカラーストーン。
素材に違いはありません。

そんなルビーは、ダイヤモンドよりも希少。
ダイヤモンドの鉱床は月に1度ほどは見つかるそうですが、ルビーの鉱床はめったに見つかりません。
世界でもわずかな場所からしか採取できないのです。

では、ルビーの魅力や言い伝えなどを紹介します。

鮮やかなレッドが目を引くルビー

ルビーの魅力はそのレッドカラー。
ルビーの価値として最も重要なのがカラーです。重さやカットの仕方よりもカラーが重要視されます。
最大に価値が高いルビーは、うっすらと青みを帯びた深紅のルビーです。

ルビーにまつわる言い伝え

かつては「太陽の宝石」と呼ばれた鮮やかなレッドカラーのルビーは、愛やロマンスなど情熱的なものを表現する際に多く用いられます。
運をよくする効果もあるそうです。

物事の成功を願うときには、ルビーを体の右側につけると良いという言い伝えもあります。

深紅の輝きを放つカラーストーン・ルビーは情熱の証として用いられ、「太陽の宝石」と評されていました。
現在でも限られた鉱床からしか採取されないルビーの価値は、非常に高いと言えます。

ブシュロンの人気ジュエリー② 
豊富な色があるカラーストーン・サファイア

カラーストーンサファイアの画像

ルビーの紹介でも記載したとおり、サファイアはルビーと色以外同じです。
主にアジア太平洋で採取されます。

サファイアについて、魅力や言い伝えなどを紹介します。

豊富なカラーのサファイア

サファイアと言えば、ブルーのイメージがありますよね。
しかし、サファイアには以下のカラーも存在します。

  • ピンク
  • イエロー
  • オレンジ
  • バイオレット

これらのサファイアを総称でファンシーサファイアと呼びます。

ブルー以外のサファイアは「ピンク」サファイア、「イエロー」サファイアなどと、サファイアの前に色を表す単語を付けるのが特徴。
ブルーのサファイアは頭に何もつけず「サファイア」です。

サファイアにまつわる言い伝え

サファイアは主張しない、落ち着いた色をしていることから、知性を高める効果があると言われています。
ほかにも基盤を固めるなどの意味合いもあるため、事業などをはじめる際にはもってこいのジュエリーです。

落ち着いたカラーで、高貴さを感じさせるサファイアはかつて「皇帝の石」と呼ばれていました。

皇帝の名を冠するにふさわしいサファイアは、今でもエレガントなイメージが崩れることなく、高い価値を誇っています。

ブシュロンの人気ジュエリー③ 
世界三大美人を魅了したカラーストーン・エメラルド

カラーストンエメラルドの画像

世界三大美人のひとりに数えられる、あのクレオパトラをも魅了したカラーストーンであるエメラルド。
ブラジルで多く採取されるエメラルドですが、コロンビア産のエメラルドは産出量が多く、品質の良いと言われている

エメラルドについての魅力や言い伝えをお伝えします。

グリーンカラーが格別の美しさを誇るエメラルド

他にない美しいグリーンが魅力のエメラルド。
エメラルドにはジーヴルと呼ばれるインクルージョン(内包物)が入っていることがあります。
ジーヴルが集まったものをジャルダンと言います。
一見、ジャルダンがあると宝石としての価値が落ちてしまうように感じるかもしれません。
ジャルダンは傷のように見えることもありますからね。
しかしエメラルドのジャルダンは、基本的に価値を落とすものではないこともしばしば。
なぜならエメラルドに入ったジャルダンは、天然物の証になるからです。

エメラルドにまつわる言い伝え

美しいグリーンカラーのエメラルドは、愛や献身、癒しの象徴であると言われています。
グリーンは心理学的にも癒しの効果があるとされているため、エメラルドが癒しの象徴と言うのも納得です。

エメラルドは結婚55周年を祝うカラーストーンでもあります。
そのため、愛や献身をあらわすのにも最適なジュエリーでしょう。

クレオパトラを魅了したエメラルドは、時を超えて現在でも愛・献身・癒しの象徴として人々に愛されています。

まとめ|
ブシュロンのジュエリーならカラーストーンもおすすめ

今回はブシュロンが取り扱うジュエリーの中でも、人気のカラーストーンであるルビー・サファイア・エメラルドについて解説しました。
それぞれが持つ美しいカラーと言い伝えは、知れば知るほど魅力的に感じます。

ブシュロンで扱うカラーストーンは、厳しい審査を乗り越えた極上のカラーストーンのみ。
大切な人への贈り物、あるいは自分への特別なご褒美としてブシュロンのカラーストーン購入を検討してみてください。


ブシュロンジュエリーのゴールドやダイヤモンドへのこだわりを徹底解説

ブシュロンジュエリーのゴールドやダイヤモンドへのこだわりを徹底解説

ケースに入ったリングの画像

パリの5大宝飾ブランドのひとつ「ブシュロン」。

160年以上の歴史があるブシュロンは、お客さまへ最高品質のジュエリーを提供できるよう、「ゴールド」や「ダイヤモンド」へのこだわりを遵守しています。

そこで今回は、ブシュロン独自の比率で構成されているゴールドや、ダイヤモンドを評価する「4C」基準について、詳しく解説していきます。

ブシュロンのこだわりのひとつゴールド

ゴールドリングの画像

純金(24K)は非常に柔らかく細工しやすい素材です。一方、純金のままでは強度が足りず、ジュエリーに向かないという欠点も。

そこでブシュロンでは18Kゴールド、つまり純金75%を含む合金にして、強度を高めています。また、合金にした18Kゴールドは傷にも強い素材となるのです。

ブシュロンのこだわり(1)|イエローゴールド

イエローゴールドの画像

ブシュロンの18Kイエローゴールドは、「ゴールド75%:シルバー12.5%:銅12.5%」の比率で構成されている合金です。

ブシュロンのこだわり(2)|ピンクゴールド

ピンクゴールドの画像

ブシュロンの18Kピンクゴールドは、「ゴールド75%:銅20%:シルバー5%」の比率で構成されている合金です。

ブシュロンのこだわり「4C」を遵守するダイヤモンド

様々な形のダイヤモンドを並べた画像

160年以上の歴史があるブシュロンでは、お客さまへ最高品質のダイヤモンドを提供できるよう、「4C」の厳格な基準を設けて選別しています。

「4C」とは
カット・カラー・カラット・クラリティに基づく4つの要素のことを表し、頭文字にCが付くことから「4C」と呼ばれるダイヤモンドの評価基準。

ダイヤモンドの『4C』基準(1)|カット

ダイヤモンドカットの画像

原石から正確に美しくカットされたダイヤモンドは、最大限に魅力を引き出します。
また、ダイヤモンドカットのグレードは5段階のグレードになっています。

  • エクセレント(Ex)
  • ベリー・グッド(VG)
  • グッド(G)
  • フェアー(F)
  • プアー(P)

ブシュロンでは、最高ランクの「エクセレント」から「ベリー・グッド」のダイヤモンドのみ使用。
さらにファセットを正確にカットしているダイヤモンドを用いており、美しい輝きを生み出しています。

ダイヤモンドの『4C』基準(2)|カラー

ダイヤモンドカラーの画像

ダイヤモンドのカラーとは、国際基準にて決まっておりDからZに分類されています。
Dカラーのダイヤモンドは無色で、Zカラーのダイヤモンドは黄色が強くなります。
ブシュロンがジュエリーに使用しているのは、上質な無色のDからGまでのダイヤモンドです。

ダイヤモンドの『4C』基準(3)|カラット

ダイヤモンドカラットの画像

カラットとは、ダイヤモンドやさまざまな宝石の重さの単位のことを表します。
「1カラット=200mg」です。

ダイヤモンドは、カラット重量により価値が上昇します。
ただし、カラー・クラリティ・カットなどの「4C」要素と密接に結びついており、トータルの水準でダイヤモンドの品質が決定されます。

ダイヤモンドの『4C』基準(4)|クラリティ

ダイヤモンドクラリティの画像

ダイヤモンドのクラリティ(透明度)とは、内部のインクルージョン(内包物)や外部のブレミッシュの程度を表しています。
クラリティの国際基準はFLからl3の6ランクに分類されています。

ブシュロンは、フローレス(FL)からベリースライトリーインクルーデッド(VS2)のダイヤモンドのみを使用しています。

    ...


【ブシュロン】ケーブル端子がモチーフ?「ジャックドゥブシュロン」のバリエーションやアレンジ方法を解説

【ブシュロン】ケーブル端子がモチーフ?「ジャックドゥブシュロン」のバリエーションやアレンジ方法を解説

ジャックドゥブシュロンを腕につけている様子

1858年にフレデリック・ブシュロンにより創業された、ハイジュエリーブランドとして有名な「ブシュロン」。
フランスパリに本社を構え、現在ではフランスを代表するブランドとして世界中から注目を集めています。

ブシュロンには多くのコレクションがありますが、今回ご紹介するのは特徴的なデザインが目を引く「ジャックドゥブシュロン」です。
枠にとらわれないジャックドゥブシュロンの豊富なバリエーションとアレンジ方法について解説します。

ケーブル端子がモチーフの「ジャックドゥブシュロン」とはどんなシリーズ?

2020年8月にプレスリリースされたジャックドゥブシュロン。
その外観の特徴は、ケーブル端子がモチーフになっているクラスプです。
そのクラスプによりワイヤーをループ状につなげることができるため、ブレスレットやネックレスなど自由な発想で身に着けられます。

イエローゴールドとシルバーゴールドのクラスプには、ファセットカットのダイヤモンドが施されているデザインもあり、ダイアモンドの数によっても印象が異なるので、シチュエーションに合わせたものを選べるのも嬉しいポイントです。
ケーブル端子からインスピレーションを受けたとされている遊び心あるデザインが、ハイジュエリーのなかでも親しみやすく人気のコレクションとなっている理由の1つではないでしょうか。

ケーブル端子がモチーフの「ジャックドゥブシュロン」のバリエーションとは?

ジャックドゥブシュロンのゴールドとシルバーの画像

ゴールドのワイヤーループとケーブル端子モチーフのクラスプでできているジャックドゥブシュロン。
そのデザインは大きく変わりませんが、ワイヤーループの長さによってその使い方はさまざまです。
どんなバリエーションがあるのかみてみましょう。


    • ジャックドゥブシュロンスリーパーイヤリング
    • ジャックドゥブシュロンシングルスタッズイヤリング
      どちらもワイヤーループはついておらず、イエローゴールドのクラスプそのものがイヤリングになっています。
      クラスプにはダイヤモンドがあしらわれているため、明るく華やかな顔回りを演出。
      ブローチとしても使えるのが嬉しいですね。
    • ジャックドゥブシュロンブレスレット
      ブレスレットは1ループ・3ループ・6ループと3つの長さが用意されています。
      なめらかなワイヤーループが腕に馴染み付け心地がいいのはもちろんのこと、ブレスレットのつなぎ目はクラスプによって隠れているので見た目はとてもスマートです。
      シンプルなさりげないオシャレを楽しむには1ループ、ちょっとしたおでかけには3ループ、ドレッシーな装いには6ループにするなどシーンに合わせて選ぶのもいいでしょう。
      使われているダイヤモンドの数によっても大きく印象は異なるので、好みのものを見つけられるはずです。
  • ジャックドゥブシュロンフルパヴェダイヤモンドロングネックレス
    長さ105cmのイエローゴールドネックレスです。
    長いコードが特徴のこのネックレスは、1連や3連など好きなスタイルで身に着けられます。
    クラスプ全面にパヴェダイヤモンドがあしらわれているため存在感抜群で身に着けているだけで高貴な印象を与えるでしょう。
    このネックレス以外にもブレスレット2つをクラスプで繋げてネックレスにすることも可能 です。
  • ケーブル端子がモチーフの「ジャックドゥブシュロン」のアレンジ方法とは?

    ジャックドゥブシュロンを首につけている様子

    ジャックドゥブシュロンの身に着け方に決まりはありません。
    例えば、ブレスレット2つをクラスプでつなげてネックレスとしたり、フルパヴェダイヤモンドロングネックレスをベルトとしたりなど、使い方は自由です。
    また、上級のアレンジとして、イエローゴールドとホワイトゴールドの2種類をクラスプで繋げてアレンジを楽しむのもいいでしょう。

    ケーブル端子がモチーフの「ジャックドゥブシュロン」で自分だけのオシャレを楽しもう

    ジャックドゥブシュロンは、そのデザインだけでなくアレンジ方法にも遊び心があるジュエリーです。
    シーンやその日の気分次第で自分だけのオシャレが楽しめるのはジャックドゥブシュロンを身に着けたものの特権ではないでしょうか。
    あなたらしさを尊重するジャックドゥブシュロン、ぜひ一度手にとってみてください。